繰り返す中耳炎

育児
スポンサーリンク

今日は、いつもよりゆっくり三兄弟を園へ送ってけばいいよなぁ〜と、優雅にコーヒーのんでました。ん??今日水曜日じゃん!!
R君を耳鼻科に連れて行かなくてはいけない日だ〜!!R君は鼻水がたまりやすい体質で、すぐに中耳炎で熱をだしてしまうので、定期的に鼻水の吸引と、お耳の掃除に通っているのです。急げ〜!!
かなり混む耳鼻科なので予約時間に居ないと、1番最後に回されてしまうのです 
いきなりスイッチonしたママにK君とH君は
びっくり!!
ママにまたツノ生えたね〜笑って二人で笑ってる

お二人さん、ごめんやけども、
い・そ・い・で!
ドタバタした朝になりましたが、双子坊を園へ送り出し、なんとか耳鼻科の予約時間に間に合って、無事診てもらえたのでよかったです。
二人には悪いことしたなーと思ったので帰りにシュークリームを買ってきました 
園から帰ってきたら、
ごめんね、ありがとうって伝えますみんなで一緒にシュークリーム食べようね 。

スポンサーリンク

繰り返す中耳炎

園へ通っているお子さんは中耳炎を繰り返すことが多いですよね。これは園に通う子どもの課題だと思います。園のような複数の子どもが同じ環境で長時間過ごすと、鼻腔に原因菌が付着しやすく、その菌が中耳炎を発症させます。加えて、子どもは顔が小さく、鼻から耳や喉への距離が近い上に、耳管が太いため、菌が中耳に入りやすいのです。

お子さんの鼻水の色が現在はどうなっているのか、また中耳炎になっているかどうかはわかりにくいものですし、子どもは症状を言葉で訴えることができません。

お子さんの鼻の調子が悪い場合、お子さんが普段より頻繁に耳を触る、耳を触りながら泣く、夜泣きが多い、また家に誰かが帰って来た時に、普段ならばすぐに駆け寄っていくのに行かない、人の話を聞くと時に目をキョロキョロさせているなど変わった様子がないか注意深く見てあげてください。こうした行動で、子どもは耳の調子が悪いことを訴えています。

ご家庭では以下の点に注意しましょう。

鼻の中をきれいにする

風邪を引いた時の黄色や緑の鼻水は中耳炎の原因になる細菌が混ざっていることが多いので、
なるべく鼻水をすすらせないで、こまめに鼻をかませます。
鼻をかませるときは、両方同時ではなく、片方ずつしっかりかませてあげましょう。
鼻をかめない乳幼児は鼻水吸引器を使います。

※口で直接鼻汁を吸い取ったり、鼻汁をためる構造をもたないチューブを通して
口で吸うタイプの物は、保護者に細菌が感染するので緊急時以外は避けましょう。
急性中耳炎対策のために家庭用の電動鼻水吸引器を使っている方もいます。

OKIOKIKEでは、電動タイプは高くて手が出ませんので、鼻汁をためる構造をもつ口で吸うタイプを使用しています。


チュチュベビー 鼻吸い器 鼻水キュートル 2WAYタイプ 鼻水が戻らない逆流防止弁付き


コメント

タイトルとURLをコピーしました