子供の食事時間〜大切さ〜

育児
スポンサーリンク

おはようございます

日曜日の朝くらいゆっっくり寝かせてくれ〜と心から思うOKIOKIKEです。
平日はなかなか起きて来ないから、仕事に間に合わんのじゃ〜!! と早くして〜!!を出発前に100回位言っています!!
日曜日は子供達にはゴールデンタイム☆

朝早くからアニメがやってるからね。左からR君、H君、K君。すっかりテレビっ子になってしまいました(>_<)
朝ごはん作り終わって3人で食べてるから、今はすこし平和。OKIOKIKEはごはんの時間が一番静かなきがする。
今日も一日頑張るぞ!!!

f:id:yochikatan:20190303093441j:image

ここからは、OKIOKIKEのうんちくになりますが

スポンサーリンク

足がつくことの大切さ

正しい姿勢で腰掛ける大切なポイントは、「足がつくことの大切さ」です。体が安定し、背筋が伸びし姿勢がよくなります!!

正しいしい姿勢でご飯を食べると

①噛む力が増す

②食べる意欲も増す

③歯並びもよくなる

④脳に刺激を与え記憶力も増す

「噛む力」を育てるためには、足裏が付くこと、食事をとる姿勢がとても深く関係しています。足をつかずに食べると、頭からお腹にかけて力が込めにくい状態となります。足置き台がない椅子でも、椅子と別に足置き台を置いてあげる、または電話帳などを重ねてそれを足置き台にして足裏がつくようにしてあげられるとよいですね。OKIOKIKEでは写真のようにローテーブルとベビーチェアを使用しています。OKIOKIKE全員でダイニングで食事をするときは、足台がついている椅子をしようしています。


ベビーチェア テーブル付き 木製椅子 ハイチェア 14段階調節可能 ベビーガード 安全ベルト付き 幅49×奥行57×高さ80cm チェリーブラウン


コメント

タイトルとURLをコピーしました