赤ちゃんの寝かしつけのこつ 我が家の体験談

育児
スポンサーリンク

新生児時期の赤ちゃんは眠ることが仕事なので、数時間ごとに起きては寝てを繰り返します。

そして放っておくと1日のリズムがバラバラになりがちです。

そうすると赤ちゃんにとっても、ママにとっても負担が増えてとっても大変。

我が家ではどのように寝かしつけをしていたのかいくつかご紹介します。

スポンサーリンク

夜の寝る前に同じ音楽をかける

音楽がかかると

寝る時間になったのかな?

と思ってもらえたらこっちのもの。

かける音楽は、なるべく穏やかな曲調のものにした方が良いです。

我が家では、お布団に入って、お部屋の電気を消した後に

音楽を流していました。

音楽がなると「寝る」って習慣がつくのでおススメです。

音楽をかける事で、赤ちゃんはリラックスしているように感じました。


【POINT】
○自然の音、海の音、雨の音、ホワイトノイズ、クラシック音楽&メロディが流れます。
○お好みに合わせてセットアップできる機能充実で入眠を促します。20分間、2時間、エンドレスの3種類のタイマー。
○やさしいライトアップはオン/オフ可能。
○5段階の音量調節付き。

【収録曲(全20曲)】
♪ソナタ(ベートーベン)
♪メリーさんのひつじ
♪ワルツ(ブラームス)
♪フレール・ジャック
♪ジムノペディ(サティ)
♪ロー・ロー・ロー・ユア・ボート
♪ソナタ(モーツァルト)
♪メヌエット(バッハ)
♪春(ヴィヴァルディ)
♪オリジナル曲 他


フィッシャープライス おやすみミュージック&ライト DRD70

お風呂は夕方以降に入れる

最初の頃は、お昼間の空いた時間に入れていましたが

入浴後は気持ちよくて、程よく疲れるのか、ぐっすりと寝る事が多かったので

これは寝る前の方が良いのかな?と思い、夕方以降にずらしました。

我が家では夜7時半~8時頃にお風呂に入れて、水分補給だけして寝かせていました。

やはり入浴後は割とすぐに寝てくれることが多かったです。

王道のトントン

上記の方法+やっぱり王道の「トントン」!!

お布団に寝かせたら、お腹をトントン。

泣くこともありますが、そこで抱っこして泣き止ませても

また布団に置いたら泣いてしまいます。エンドレス!!

ある程度は泣いていても、ひたすらトントン!!

少し強めにトントンしたり、頭からおでこを、上から下へ撫でてあげると気持ちよさそうでしたよ。

あまり早いリズムではなく、ゆっくりとしたリズムで行うと眠りやすいですよ。

我が家では、音楽との合わせ技で、ゆっくりとした音楽に合わせて「トントン」していました。

泣かずに起きているだけならひたすら寝たふり

これは、新生児の時期を過ぎ1歳以降位から有効でした

子供が布団から抜け出したり、座って遊び初めてしまっても、ママは布団の中で、ひたすら寝たふりをしました。

子供が、ちょっかいを出してきても寝たふり。

子供はいつの間にか寝てしまいます。

寝かしつけの習慣をつける事が大切です

寝る前にすることを儀式化することで、寝かしつけの習慣が身に付きやすいです。

新生児期は、大人と同じ睡眠習慣ではないので大変ですが、新生児期の頃から習慣をつけることで

あとあとがとっても楽になってきます。

なかなか眠ってくれないとイライラしてしまいますが、ママのイライラって赤ちゃんには敏感に伝わるように思います。

なるべく赤ちゃんが心地よい環境を設定し、赤ちゃんに良い睡眠をとってもらうためにも

ぜひ頑張って行きましょう(*^▽^*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました