産休中にもらえるお金~本当に理解していますか??

育児
スポンサーリンク
スポンサーリンク

産休を取る会社員には大きなメリットばっかり!!

産休をとるあなた自身が社会保険に加入しているのであれば出産手当金がもらえます。

出産手当金

出産に備えて産休をとると、その期間中の給料が減ったり、またはゼロになってしまうこともあります。そういった場合に、生活を支援する事を目的に設けられたのが出産手当金です。

出産手当金は、出産する人の給与額を元に算出されるため、金額は一律ではありません

また、受給対象期間が設定されており、産後と産前を合わせて原則98日間を対象に支給されます。出産手当金が支給されている間は健康保険料や年金保険料、雇用保険料などが免除されます。

免除期間中も保証はそのまま受けられますので心配ないですよ。

出産手当金の支給額の算出方法

これは

産休前の平均賃金日額の3分の2支給日額

支給日額に、産前42日と産後56日を合わせた98日分をかけたもの=総支給額

って言われても良くわからないですよね。ひとつ例を挙げますね。

▶平均月収が25万円だった場合の支給額

賃金月額25万円÷30日賃金日額8,333円

賃金日額8,333円×2/3支給日額5,550円

支給日額5,550円×98日支給総額54万3,900円

ただし、産休中にも給料が支払われる場合は、産休中に支払われた賃金日額平均月収で算出された支給日額よりも低い場合のみ、その差額分×98日分が支給されます。

<注意>

産後は出産日の翌日から56日と決められているので期間に長短はありませんが、

産前はあくまでも出産予定日の42日前となっています!!

➡つまり

出産が予定より早くなった場合・・早くなった日数分、産前休暇が短くなる

出産が予定より遅くなった場合・・遅くなった日数分、産前休暇が長くなる

<参考までに>

多胎の産前休暇は98日前からとれました。産後休暇は、同じ56日です。

OKIOKIKEの出産は予定日丁度、つまり、産前・産後合わせて、154日の産休が取得でき、154日分の出産手当金がもらえました。(育児用品やオムツ代が半端なくかかったので助かりました)

ただ気を付けて頂きたいのは、申請してから支給されるまでに長くて数カ月かかることもあるので、あてにしすぎるのも気を付けて下さいね。

産休をとるとらないは、その時の状況や環境にも大きく左右されるとは思いますが、産休を取得することで

こんなにメリットがあるんだぞ!!

これは取得する権利なんだぞ!!

とお伝えしたかったのです。

次回は育児休暇についてお話しますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました