春から夏にかけて流行する感染症~ヒトメタニューモウイルス~

育児
スポンサーリンク

先日OKIOKIKEの子供たちが熱を出しました。

原因は、ヒトメタニューモウイルスによる感染症でした。

介護福祉士として10年以上働いている私は、この感染症を知っていましたが、OKIOKIKEの子供が発症したのは初めです。

ご存知ですか??ヒトメタニューモウイルス

スポンサーリンク

ヒトメタニューモウイルス感染症とは

春から夏(主に3月~6月)にかけて流行し、上気道および下気道に炎症を起こします。

主な症状は咳、鼻水、発熱などのいわゆる風邪症状ですね。

初感染は生後6ヶ月頃から始まり、2歳までに約半数が、遅くとも10歳までにほぼ全員が感染すると言われています。

このヒトメタニューモウイルスは、一度感染しても十分な免疫を得ることができないので、何度か繰り返して感染すると言われています。

健康な大人は感染しても無症状なこともありますし、発症しても、1週間程度で症状は良くなります。

乳幼児や高齢者は注意が必要

免疫力の弱い乳幼児や高齢者では重症化することがあり、注意が必要です。

上気道や下気道の炎症が悪化し、肺炎気管支炎となってしまうことがあります。

肺炎や細気管支炎へと悪化するとゼーゼー、ヒューヒューという喘鳴呼吸困難の症状が加わります。

潜伏期間と感染経路

潜伏期間

4~5日

感染経路

飛沫感染と接触感染

感染は咳やくしゃみで体外へ吐き出されたウイルスを吸い込む飛沫感染やウイルスの付着した部位に触れる接触感染で広がります。

一般的なウイルス対策と同様にうがい、手洗い、マスク着用などで予防を心がけてください。

特効薬はなく、対症療法が基本です

安静保温水分補給が大事です


大塚製薬工場 経口補水液 オーエスワンゼリーパウチ 200gx6袋

但し、重症化した場合は発熱が5日以上続くこともあり、とくに中耳炎や肺炎などが合併した場合は抗生物質の投与が必要になることもあるので、そんな時は早めに病院を受診するようにしましょう。

出席停止にはならない

ヒトメタニューモウイルスに感染しても、インフルエンザのように保育園や幼稚園は出席停止とはなりません。ただ保育園や幼稚園などで流行しやすいので、こまめな手洗いを心掛けるなど予防対策に注意しましょう。


(PM2.5対応)BMC フィットマスク 使い捨てサージカルマスク キッズサイズ (幼児~低学年向け) 60枚入

コメント

タイトルとURLをコピーしました