子どもが原因不明の高熱が5日以上続いた原因はこれだった!!

育児
スポンサーリンク

これは、今から3年程前のお話です。

次男が急な発熱!!

近くの病院でリンパ節の腫れがあるからと

おたふくと診断され帰宅

しかし、3日たっても全く熱が下がらず(40度近い)。。目も充血してくるし、なんだか唇も赤い。。

4日目、体に蕁麻疹??出現➡再受診するも様子見で帰宅。

5日目、やっぱり心配で再・再受診!!

ここで、大きな病院へ行くよう紹介状をもらいました。

大きな総合病院受診➡川崎病ですね!!今日から入院で、今すぐに治療をはじめます!!って、イヤイヤイヤ・・・何それ??

スポンサーリンク

川崎病とは

川崎病は、全身の血管で炎症が起こって発症することは分かっていますが

原因は不明!!

発熱後9日目までに熱を下げないと心臓の血管に瘤ができる後遺症が残る可能性がある病気です

小児科では絶対に見逃してはならない病気の1つだそうです

川崎病の診断基準

➀5 日以上続く発熱(ただし、治療により 5 日未満で解熱した場合も含む)

➁両側眼球結膜の充血

➂口唇、口腔所見:口唇の紅潮、いちご舌、口腔咽頭粘膜のびまん性発赤

➃不定形発疹

➄四肢末端の変化

(急性期)手足の硬性浮腫、掌蹠ないしは指趾先端の紅斑
(回復期)指先からの膜様落屑

➅急性期における非化膿性頸部リンパ節腫脹

6つの主要症状のうち5つ以上の症状を伴うものを川崎病と診断するそうです

川崎病の発症は、男児に多く

4歳以下が 80~85%を占め、致命率は0.1%前後です。

後遺症を残さない為の早目の治療が大切だそうです。

乳幼児で原因不明の高熱(38度以上)が

5日以上続くときは

さまざまな原因が隠れていることもあるので

小児科専門医を受診することをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました