妊娠・出産~仕事どうする?もらえるお金ご存知ですか??

育児
スポンサーリンク

OKIOKIKEは3人といっても、上の二人は双子だったので2回の妊娠・出産を経験しています。

妊娠すると女性は、仕事を続けるか、退職するかの壁にぶつかりますよね。OKIOKIKEは仕事を続けて、2度の産前産後休暇・育児休暇を経て、職場復帰をしました。現在はパート勤務ですけどね。

スポンサーリンク

妊娠したらもらえる助成金

妊娠中の妊婦検診は保険が適用されません。

なので

1回につき3千円~1万円程度かかる費用は自己負担となってしまいます!!

➡心配はありません!!

自治体が費用を助成してくれます!!

1回の検診につき5000円程度を助成してもらえます。

里帰り出産の場合でも、出産後に、住民票のある自治体へ申請すれば一部の助成金を受け取る事ができますよ!!

必ずお住いの自治体に確認してくださいね。

<参考までに>

OKIOKIKEの自治体は妊婦検診表っていうのを市からもらい、それをもって検診に行くことで、一回の支払いが平均して0円~500円くらいでしたよ。今日は高っ!!て思った時でも5000円以内にはおさまりました。

出産費用は出産一時金でまかなえる

出産にかかる費用は平均で、50万円程度。

出産は病気とは違うので、これまた保険が適用されません。

➡心配はありません!!

自治体が、出産一時金を支給してくれます!!

一人につき42万円が支給されます

出産をされる病院によって、出産費用は違うので一概には言えませんが、出産費用の大部分はこの給付金でまかなえますよね。

妊娠4カ月以上で出産した人が対象で、かなしい事に流産や死産になってしまった場合にも支給されます。

<参考までに>

双子だと、二人分の84万円が支給されました。きちんと赤ちゃん一人ずつに支給されますよ。

出産費用は双子だからと倍必要ではなく1.5倍位の値段でした。

OKIOKIKEは、直接支払制度を利用し、会計時に相殺してもらいました。これは、直接支払制度がある産院であれば、受付の人が手続き等教えてくれますよ。

直接支払制度を利用しない場合は、いったん全額を窓口で払う必要があります。

さらにもらえるお金がある!!

自然分娩=病気ではない=保険適用外

ですが、

異常分娩(帝王切開など)=病気と同じ扱い=一部保険が適用されます。

健康保険だけでなく、ご自身が加入している保険があれば必ず確認しましょう。

<参考までに>

OKIOKIKEは、帝王切開だったため一部健康保険が適用され、その部分は3割負担ですみました。

帝王切開って手術だしなと思い、加入している保険へ連絡すると、手術一時金日額の入院保険がもらえました。これは、加入している保険でもらえるもらえないがありますが、もしかしてと思ったら電話して問い合わせましょう!!!

聞かずに、損していたらもったいないですよ!!

次回は、健康保険にご自身が加入している場合に利用できる産前・産後休暇、育児休暇についてお話していこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました