出産後のトラブル~にきび~

雑学
スポンサーリンク

出産後、私は今まではなかったニキビに悩まされました。

なぜ産後にニキビができやすくなるのでしょうか。

妊娠中は、女性ホルモンが活発になります。女性ホルモンとは

①エストロゲン
子宮の発育促進,子宮内膜の増殖などで,「女性を創るホルモン」といわれる。

②プロゲステロン胎児の成育維持などの生理作用がある。

このプロゲステロンには皮脂の分泌を促す作用があるため、ニキビができやすくなります。

また産後はこれらの女性ホルモンが急激に減少し、ホルモンバランスが乱れた状態がしばらく続きます。この状態もまた、ニキビや肌荒れを起こしやすくします。

スポンサーリンク

しかも!!産後は赤ちゃんのお世話でいそがしい!!

産後は赤ちゃんのお世話で忙しい日々が続き、睡眠不足になったりストレスが溜まることも多くなりますよね。これらの影響で、肌の新陳代謝機能が低下し、古い角質が残ったり、バリア機能が低下したりして、ニキビができやすくなります。

産後にきび対策

使用するスキンケア製品を見直す

洗顔、保湿をシンプルで刺激の少ないものに変えてみましょう。また肌が乾燥すると余計に皮脂の分泌が増えて毛穴の詰まりが起こるので、洗顔後は、しっかり保湿することが大切です。とは言っても、お風呂上がりには赤ちゃんを拭いたり、おむつや服を着せたりで、自分のスキンケアにまで手が回らないのが現状。。。

②栄養バランスの乱れや、睡眠不足に注意する

栄養バランスの乱れもニキビの原因になります。例えば、肌の調子を整えるビタミンやミネラルの欠乏、便秘の原因となる食物繊維や水分の不足などがあげられます。できるだけバランスよく栄養を摂るように気を付けると良いですね。

また、睡眠不足によって肌の新陳代謝機能が低下し、肌状態が悪化してニキビを引き起こします。赤ちゃんが寝ている間はできるだけ自分も睡眠をとる、なかなか難しいとは思いますがたまには家族に赤ちゃんをまかせてまとまった睡眠をとるなどして、睡眠不足にならないように気をつけましょう。

洗顔には弱アルカリ性をおすすめします

洗顔にはお肌と同じ弱酸性が肌に優しくて良いよと聞きませんか??

しかし、汚れを落とすには弱酸性とは反対の弱アルカリ性でないと落ちません。

そのため弱酸性の洗顔には合成界面活性剤が含まれているものが多いです。

合成界面活性剤の肌への影響

合成界面活性剤は、人工的に合成された物で、自然界には存在しない物質です。

そのため、この合成成分を人の体では分解することはできません。

1回の量は微量かもしれませんが、少しづつ蓄積されていきます。そして、この蓄積された合成界面活性剤が活性酸素を発生させると言われています。

この活性酸素は、シミやくすみの原因になると共に肌老化を早めてしまいます。また、合成界面活性剤は分解しないので肌にとどまるために、肌の重要な機能であるバリア機能を壊していきます。結果、肌の保湿力は低下し、乾燥肌や敏感肌を進行させると共に様々な肌トラブルを引き起こします。パッケージの全成分表示を見ると、界面活性剤を使っているかどうか確かめることができますので、店頭で購入されるときにはぜひご確認をしてみて下さい。

固形石鹸がおすすめ

では、弱アルカリ性で洗顔できるものとなると、固形石鹸がおすすめです。

固形石鹸は弱アルカリ性でできています。本当にお肌に優しい洗顔には固形石鹸が最適なんです。

ちなみに温泉へ行っても弱アルカリ性の温泉って多くないですか??

百聞は一見にしかず!!試してみてはいかがでしょうか??

ノンエー

コメント

タイトルとURLをコピーしました